ワイン会のお知らせ

自社畑5ha前後のミニRMシャンパンを飲む会

開催日:2016.06.22

chamery.gif

自社畑5ha前後のミニRMシャンパンを飲む会

 

最近ワイン会で出して何時も大好評なペルスヴァル・ファルジュを中心に是非飲んで頂きたいF. ヴォーヴェルサンとイヴ・ルーヴェをご紹介します。

大手メゾンの方が宣伝が派手でホテル等でも大きく扱わるためメゾンのシャンパンに人気がありますが、フランスや英国ではRMの小さい作り手に人気があります。

宣伝費用分値段も安くて美味しいのがメリットですが、手に入り難いのとイマイチの蔵も多いので何を買って良いのか分からないお客様も多いと思います。

今回は私が飲んで美味しかった蔵の状態の良い瓶をご用意しました。

この機会にRMの良さを知って下さい。

 

NM         Tauxières-Mutry     Yves Louvet          Brut Cuvée 2H 1er Cru                                    

2007       Tauxières-Mutry     Yves Louvet          Brut Millésime 1er Cru                                     

NM         Tauxières-Mutry     Yves Louvet          Brut Blanc de Blancs                        

 

ブージィの隣,トキシエール/Tauxierers村に本拠を置くイル・ルーヴェ/Yves LOUVETは,ピノ・ノワールを主体とする濃厚なシャンパーニュを生み出す蔵元。

あのボランジェもこの村に自前の圧搾所と多くの畑を所有。"キュヴェ・グラン・タネ"のブレンドには,トキシエールの畑で栽培したピノ・ノワールを必ず加えている。

事実,フランス最高のワイン評論家ミシェル・ベタンヌも,「ブージィの隣という日陰の身でありながら,品質はブージィのグラン・クリュから遠くない。そのことをボランジェは昔から熟知している。」,そして「イヴ・ルーヴェはトキシエールのブドウ畑のスペシャリスト。数年前からカリテ=プリ(品質と価格)のバランスの取れた力強いワインを提供している。」と高く評価している。この言葉通り,ドメーヌは栽培面積6.5ヘクタール(内,ピノ・ノワール5.5ヘクタール,シャルドネ1.0ヘクタール),年間総生産量4万本というシャンパーニュでも最小規模でありながら,最も手頃な価格でシャンパーニュを提供してくれる貴重なレコルタンだ。

                                                                                                               

NM         Oger       Fernand Vauversin Cuvée Aubeline GC Blanc de Blancs                              

NM         Oger       Fernand Vauversin Cuvée Orpair GC Blanc de Blancs                                 

NM         Oger       Fernand Vauversin Brut Original GC Blanc de Blancs                                  

                                                                                                               

コート・デ・ブランのオジェ村で15世代続くフェルナン・ヴォーヴェルサンは長年ポール・ロジェに葡萄を供給してきた小さな蔵元。4haに満たない自社畑の殆どがオジェ村にあり,シャルドネのみを栽培している。ドメーヌでは古くから厳格なリュット・レゾネを行い,自然な葡萄栽培と醸造を行ってきたが,アンセルム・セロス(ジャック・セロス),エリック・ド・スーザ,ピエール・ラルマンディエといったモダン・シャンパーニュの造り手達の薫陶を受けたブリュノが,父からドメーヌを継承した1998年を機に樽発酵・樽熟成のシャンパーニュ造りを開始。ゴーミョー,ルヴュ・デュ・ヴァン・ド・フランス,アシェットなどに取り上げられ一躍ワイン専門家や評論家の注目を集めるようになった。オジェ/Ogerは,1985年にグラン・クリュに昇格した村。アヴィーズとル・メニル・シュール・オジェの両村に挟まれた,まさしくコート・デ・ブランの中心に位置する。オジェの地質はシャルドネの栽培に大変適した優れたベレムナイト・チョークで,アヴィーズやル・メニル・シュール・オジェから一段奥まった東向きのパラボラ・アンテナのような形状をしており,北風の吹かない暖かいミクロクリマ。オジェのワインは,南のル・メニル・シュール・オジェのワイン(フルーティーさが少なく,ミネラリーで堅さがあり,他の村のワインより熟成にさらに1年以上かかる)とは対照的に,リッチで大らかなパイナップルなどのトロピカルな風味と比較的低めの酸,安定した構造が特徴と言われている。

 

NM         Chamery Perseval Farge      Brut Nature Zero Dosage 1er Cru       

NM         Chamery Perseval Farge      Brut Nature La Pucelles 1er Cru                                     

NM         Chamery Perseval Farge      Brut Rose 1er Cru

NM         Chamery Perseval Farge      Terre de Sables 1er Cru       

NM         Chamery Perseval Farge      Cuvée Jean Baptiste                                       

2002       Chamery Perseval Farge      Brut Millesime 1er Cru                                     

                                         

現在所有するブドウ畑は4.17ヘクタールで、6つのリュー・ディーからなる。年間生産本数は僅か25,000本という極小レコルタン・マニピュラン。

特筆すべきは、シャムリィの土壌。ドメーヌの畑がある丘の下部は粘土砂質土壌、中心部と上部は粘土石灰質。砂質のテロワールは水はけが良く、熟度の高いブドウが造られると言われている。ペルスヴァル・ファルジュのブドウは粘土質、砂質土壌の丘の上に植樹されているため、他では真似できない繊細で酸味のあるシャンパーニュが造り出される。ペルスヴァル氏曰く、『特に粘土砂質土壌に植えられたシャルドネは、白亜(チョーク)質土壌のシャルドネとは全く異なり、"酸味と甘味のバランスが完璧"』とのこと。また、各キュヴェに4~5年にまたがるヴィンテージを絶妙にアッサンブラージュしており、熟成香を漂わせながらも、花の香りやフレッシュさを保つ、まさに通を唸らせるシャンパーニュと言える。                              

 

お食事は繊細なシャンパンに合わせたフランス料理をご用意します。

                           

6月22日  水曜   7時   会費15,000   シュヴァリエ

 

 img_vauversin14.gif